徳守神社公式サイト 徳守フェイスブック

夏越祭

万燈籠

7月22日 宵祭り

第三回万燈籠

平成二十八年より、これまで子どもたち描いたの様々な書や絵を大きな木枠に貼り付けロウソクで照らしていたものから発展し、万燈籠と形を変えて竹燈籠や紙製の行灯などを用いて、ロウソクだけではなくLEDライトを使い、普段の境内とは異なる幻想的な雰囲気を作り、心癒される演出を目指し取り組んでまいりました。 当社は二十三日を神威高まる日として各祭典日が鎮座の頃より定められており、夏越祭も七月二十三日に神事を執り行っております。昨年には、小規模ながらも宵にあたる二十二日に長年絶えておりました宵祭を復活させて万燈籠として神賑い行事を行いました。 本年は.平成最後の年となり.来年には新たな年号が始まります。この境目にふさわしく未来への希望の明かりが心に灯るような万燈籠を目指し、NPO法人楽アートプロジェクトの皆様の力をお借りして表現させていただきます。

万灯篭

境内に灯す燈火、それは人々が神様へ感謝を込めて灯す献灯の光

夏季限定授与品

午後6時点灯 午後9時頃消灯

臨時駐車場:西小学校 7月22日午後5時~9時半まで

万燈籠臨時駐車場

7月23日 本祭り

夏越祭神賑い

平成28年より夏越祭にて奉納演芸(ステージイベント)を開催しております。神賑いとは、「今」人々が楽しんでいる事や文化を神さまと共に共有し、共に楽しむ古来からの神事です。神社の中で楽しい時間を過ごせるほど、徳守様も喜ばれて御神威も高まり、ご加護をくださいますので、少しでも多くの方々が境内で「楽しいひと時」を過ごせるような神賑いになるよう、形作らせていただきます。また、本年も氏子有志の皆さまの手掛ける「きもだめし」が徳守会館にて開催されます。詳細は下記を御覧ください。

奉納演芸 きもだめし

※雨天時の際はフェイスブックにてお知らせいたします。

※このページの画像はすべてイメージです。